ホクロが多くても脱毛器は使っていい?家庭用脱毛器の正しい使い方

女性にとってムダ毛は、一生つきまとう深刻な悩みですよね?

ムダ毛が生えていて得なことは、女性にとって全くありません。なぜこんなものが生えてくるのか、そんな考えを持つ人も多くいるはずです。

そんなムダ毛のお悩みに立ち向かうのが、脱毛です。脱毛と聞くと、以前は高額で決まった医療機関でしか受けられない、ハイグレードな施術というイメージだったのではないでしょうか?テレビに出る女優や雑誌のモデルなどの特別な職業の人のみが利用をし、一般庶民には程遠い存在が脱毛でした。

そんな脱毛も、近年ではかなり安価で手頃になり、また日本全国の数多くのサロンで受診可能になりました。さらに、医療機関やサロンに近い機能を兼ね備えた家庭用脱毛器まで存在しています。

お手軽にできる脱毛を願う女性にとってありがたい環境ですが、脱毛を実施するにあたり幾つかの疑問や悩みがあるかと思います。その一つがホクロです。

ホクロが多く存在する人にとって、自宅で家庭用脱毛器をホクロの上から使用して良いのか、悩みますよね?

ホクロとは一体何なのか、また様々な脱毛器の種類の違いとは何なのか、一つ一つ解決しながら、脱毛とホクロの関係性を探っていきたいと思います。

目次

1.ホクロとは一体どんな症状?
1-1.専門用語では「色素性母斑(しきそせいぼはん)」
1-2.ホクロができるメカニズム
1-3.一番ホクロができやすいのは顔?

2.ホクロを除去する方法は?
2-1.自分で出来るホクロ除去の3つの方法
2-2.医療機関でホクロを除去する方法

3.家庭でも使える脱毛器
3-1.家庭でも使える脱毛器の種類
3-2.家庭用脱毛器のおすすめは?

4.正しい家庭用脱毛器の使い方
4-1.ホクロに脱毛器の光は当てられない
4-2.色白でもちもちお肌が脱毛には向いている

5.まとめ

1.ホクロとは一体どんな症状?

出典 | kirei-kenkou

気がつくと増えているホクロ、そもそも何なのか知っていますか?

1-1.専門用語では「色素性母斑(しきそせいぼはん)」

ホクロは医学的な専門用語で「色素性母斑(しきそせいぼはん)」あるいは「母斑細胞母斑(ぼはん)」と呼びます。母斑細胞というメラニン色素を持つ細胞が増殖することによってできる良性の皮膚病変です。

皮膚の一部にメラニン色素を含んだ、メラノサイトと呼ばれる細胞が、高い密度で集結することで、周囲の体表に比べて黒く見えるようになります。これがホクロです。

通常のホクロは良性なので、治療が必要な病気ではありません。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]