プログラミングを快適に、スマートに!等幅フォント「Fira Code」を使おう

ネット上には無料で使用できるフォントが数多く存在しています。その中でもリガチャーがすぐ判別できるのが、ここで紹介するフォントFira Codeです。

 

リガチャとは合字、つまりフォントを組み合わせて作った文字のことです。

 

Fira Codeプログラマーに向いていそうな、きわまて使い勝手の良いオープンソース・フォントです。

 

○プログラミングに最適の「Fira Code」は格好のいい等幅フォント

 

Fira Codeが良いのは、合字をほどこすことで関係演算子(比較演算子)、論理演算子、アローファンクションがとても見やすい点です。

 

多様なプログラミング言語に対応する、コードやプログラムの操作に適した等幅フォントということです。

 

どう変換されるのかは、下を見て下さい。

 

表示幅は同じです。
文字は変化しません。

 

文字が変化していないので、ファイルはそのままです。コピー・ペーストでもなんら問題なく、単に表示が変わるだけなのです。

 

 

○具体的なインストール方法は

 

ダウンロードはこちらから。
https://github.com/tonsky/FiraCode

 

ダウンロードして解凍後、ttfフォルダーにあるフォントを選択・インストールします。

 

各種のOSでインストール可能です。MacであればHomebrew経由でもダウンロードできますよ。

 

brew tap caskroom/fonts
brew cask install font-fira-code

 

ご利用のエディターでフォント設定します。利用可能なエディターかどうかは、こちらでご確認下さい。
https://github.com/tonsky/FiraCode/wiki

 

すぐにWebフォントとして使用可能!

 

Webフォント用のファイル形式が用意されています。次の手順で入手します。

 

このページからフォント本体をダウンロード
https://github.com/tonsky/FiraCode

 

解凍し、ディレクトリをそのままWebサーバーに配置。読み込みたいHTMLで、CSSファイルfira_code.cssを読み込む。

 

※フォントのディレクトリ構造を変えたい場合には、fira_code.cssの@font-face規則内のパスも変更します。

 

次に示すようにフォントを指定すると、表示されます。

 

code, pre {
    font-family: ‘Fira Code’, monospace;
}

 

○リガチャー判別が容易であることのスゴイ利便性

 

デザイン的に特色がありほかに、Fira Codeは優れた可読性を持っています。プログラムを作る上でこれはとても有利です。

 

Fira Codeは、最初それなりの慣れが必要ですが、慣れてくると、ひと目でリガチャーが判別できるようになり、それが使い勝手を向上させます。

 

特殊なフォント、と敬遠せず、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

 




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]