Macの連絡先などの同期を簡単に!iCloudを使ってApple製品を繋げよう

  • LINEで送る

MacとiPhoneは親機と子機のような関係性といえ、高い互換性があります。例えばMacで使っているsafariのブックマークをiPhoneやiPadのsafariに反映することができます。またiPhoneの電話機能に記録されている友人の連絡先をMacにも記録することもできます。こういった操作を【同期】するといいます。この同期機能を上手に活用すれば、例えばiPhoneを新しく買い替えた時に、Macに以前使っていたiPhoneの連絡先情報が記録してあれば新しいiPhoneにその連絡先情報を同期することで連絡先を入れ直す手間が省けます。本稿ではMacとそれに互換性のあるモバイル機との同期について解説します。

 

同期の時に重要なクラウド機能「iCloud」

iPhoneに記録されている連絡先情報をMacに同期する場合は、クラウド機能を介して情報共有を行います。つまりネット上のサーバーに連絡先情報やブラウザのブックマーク情報、保存した写真やメモ帳の情報などを記録して、端末となるiPhoneやiPad、Macに情報をダウンロードするという仕組みです。そのサーバーに相当するのがiCloud‎です。

出典:okaymac.com

iCloud‎の実装前はiPhoneやiPadの情報をMacと同期するにはケーブルでつなぐ必要がありました。しかしiCloud‎が実装され、クラウドでの情報共有が可能となった今はわざわざケーブルをつなぐ必要はありません。設定をしておけばiCloud‎が自動でどんどん同期してくれます。

iCloud‎を利用するにはApple IDでアカウント作る必要がありますがMacを愛用している人ならば購入時にApple IDは作成しているはずなのでその辺りは割愛して、iCloud‎での同期方法を解説します。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る