シェーバーの剃り味は大丈夫?簡単外刃交換で最高の剃り味を体感しよう

普段あなたは髭剃りに何を使っているでしょうか?カミソリを使っている人なら、定期的に刃を交換していると思います。切れ味の悪い刃を使っていると、時間がかかったり、肌を傷める原因になります。では電動シェーバーを使っている人も、刃を交換したほうがいいのでしょうか?シェーバーには通常、外刃と内刃があります。今回は外刃の方に焦点を絞って、外刃の交換時期の目安などを詳しく解説します。

シェーバーの外刃は自分で交換できる?

シェーバーの外側に刃がついているイメージなんてないですよね。そもそも外側に刃があると危険です。外刃といってもカバーのことです。

出典:sekinesan.ddo.jp

外刃の役割

シェーバーの外刃とは、「肌に触れるメッシュ状のカバー」の部分のことです。内刃はそのカバーの中で高速で回転したり、振動したりしている刃のことです。シェーバーで髭をカットする仕組みを簡単に説明すると、外刃から髭を内部に取り込み、内刃で挟みこんでカットするというイメージです。つまり外刃の役割の一つは、内刃から肌を守るカバー、もう一つが効果的に髭を起こしてメッシュ状の穴から髭を内部に取り込むということです。

外刃は簡単に交換できる

通常外刃は交換することを見越して、簡単に取り外し交換できる構造になっています。またメーカーも交換用の外刃を販売しているので、自分で購入、交換可能です。

交換方法は、メーカーの取り扱い説明書に記載があります。また交換用外刃のパッケージの裏側にも説明があります。通常、ボタンを押しながらか、外刃の部分だけを引っ張ると取り外しできます。取り付けは取り外しと逆の手順で行います。

出典:sekinesan.ddo.jp




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]