デジタルカメラで魚眼レンズ風の写真を撮影!便利なアイテムと3つの撮影ポイント

デジタルカメラの中でも、特にコンパクトで持ち運びに便利で、また価格も安価なものが多いのがコンパクトデジカメ、通称コンデジです。コンデジには撮影モードが複数ないものもあり、写真のバリエーションがあまり広がらないという面もあります。そこで後付けの「コンバージョンレンズ」を使って撮影のバリエーションを増やす方法を紹介します。

コンデジとは?

出典:www.dcresource.com

デジタルカメラには、一般的なデジタルカメラやデジタル一眼レフカメラ、コンパクトデジタルカメラなどがあります。コンパクトデジタルカメラ(=コンデジ)は、サイズがコンパクトで持ち運ぶときに場所を取らず、価格も比較的安価な商品が多いというメリットがあります。

しかしサイズが小さいため、スペックが高い物が少ないというデメリットもあり、画素数や撮影モードが乏しいという面もあります。そこでデジタルカメラに装着する「コンバージョンレンズ」を使う事で、魚眼レンズを通して撮影した様な写真や接写、通常のモードよりも広い範囲を撮影することができるのです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]