スピーカーケーブルの抵抗値だけではない!素材・構造を徹底解説

違いがよくわからないので適当に買ってしまいがち、あるいは太ければもっと音が出ると思って選びがちななのがスピーカーケーブルです。確かに太ければそれだけ抵抗値は減って音の出力は上がりますが、どんな音質を重視するかによって、ただ抵抗値を下げればいいという事にはならない、という点から、素材や構造にもこだわったスピーカー選びを教えます!

スピーカーケーブル素材の違い

出典:keylargo.viccom.co.jp

一般的には銅や銀を素材にしていますが、純度や製造法による違いで何種類かに分かれます。その種類によって、音声信号を伝送する上での抵抗値に影響する「結晶粒界」(不純物結晶数)に違いが出るのですが、その違いの代表的な例をいくつか紹介しましょう。スピーカーケーブルの素材の違いで、抵抗値の変化による音質の違いがローエンドモデルとハイエンドモデルではかなり出ますので、スピーカーケーブル選びの参考になればと思います。

タフピッチ銅(TPC)

略して「TPC」とも言われるタフピッチ銅ですが、スピーカーケーブルとしてはもっとも一般的な銅線で、非常に安価な事から多くのオーディオ機器で使われています。安価なオーディオや、値段だけで選んだスピーカーケーブルの大半がこのTPCを使っていますので、皆さんが使っているスピーカーケーブルの素材もこれではないでしょうか。純度は約99.5%で、結晶粒界は1mあたり150,000程度です。

無酸素銅(OFC)

こちらも略して「OFC」と呼ばれ、TPCに含まれた不純物、特に酸素を除去する事で、99.995%の純度を実現し、結晶粒界は1mあたり50,000と少なくなっています。TPCよりも切れがよく高解像度の音質を持っており、少し高めのケーブルで使われる事が多いです。

直線結晶無酸素銅(LC-OFC)

「LC-OFC」こと「直線結晶無酸素銅」は「線形結晶無酸素銅」とも言われ、OFCの銅の結晶を大きく、線方向に拡大したものです。純度は99.995%とOFCと変わりありませんが、1mあたりの結晶粒界は20と極めて少なく、ダイナミックで立ち上がりの鋭い音質を出す事ができます。

単結晶状高純度無酸素銅(PC-OCC)

「PC-OCC」と呼ばれ、信号伝送方向の結晶粒界を理論的にゼロにするため、銅の結晶を連続的に成長させた、画期的な素材です。純度も99.996%と高く、1mあたりの結晶粒界も1~2個とほぼゼロなため抵抗値が少なく、量感が豊かで、LC-OFCよりも明らかに高解像度が音を出す能力に優れています。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]