Macの文字変換がおかしい時どうする?すぐにできる対処法

PCの文字入力は当然キーボードで行いますがPCのキーボードはすべてアルファベット準拠です。そのため日本語を打つ場合はローマ字入力で変換したり、キーボードに日本語入力用に割り当てられた「かな入力」をしたりと、どちらにしても【文字変換】を行うことになります。これは英語圏のユーザーならば関係無い話ですが、英語以外の母国語に変換して言語を打つ場合、変換機能が不具合を起こすとほぼ文字が打てなくなります。本稿はMacでこのようなトラブルが起きた時の対処法を解説します。

日本語入力が出来なくなったら【ことえり】を確認

普段通りに文字を打っていると急に日本語が打てなくなり、Macの場合なら【かな】キーを何度押しても「nihongo」というようにしかならなくなってしまうようなトラブルはPCを長年使い続けていれば一度や二度では無いでしょう。

こういったトラブルの原因の多くは些細なバグのため設定を直せば解決する場合がほとんどです。Mac機の場合に多いのは「ことえり」が無効になっている場合です。まずはその対処法を解説するので返還トラブルの際はとりあえずこちらを試してみましょう。

【ことえり】を有効にする方法

出典:hamachan.info

まずはデスクトップ画面左上にあるAppleマークをクリックして表示されるメニューから【システム環境設定】を選択します。そうするとシステム環境設定のダイヤルログが開くので、一番上の行列にある【言語とテキスト】を選択します。言語とテキストの設定画面が開いたら画面上にあるメニュータブから【入力ソース】を選択します。

出典:inforati.jp

出典:u-comp.com

左側の項目のかなり下のほうになりますが、上記画像のような【ことえり】というチェックがあるので選択します。こちらにチェックが入っていないと日本語入力が出来なくなってしまい、不具合でチェックが外れてしまうケースがしばしばあるようです。

特に何も設定を変えた覚えはないのに日本語が急に打てなくなった・・・といったトラブルの際はとりあえずこちらを試してみることをオススメします。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]