デスクトップを2画面で作業を広々と!接続方法をご紹介

作業量が多い人や、いろいろなページを表示して資料探しをする人は、「デスクトップの画面がもっと大きければよいのに」と思うかもしれません。今回は、このような悩みに役立つディスプレイを2画面で使うメリットとその接続方法についてお話していきます。

2画面に展開するメリット

2画面にデスクトップを展開することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

出典:pixabay.com

作業を同時にできる

2つのディスプレイを使うと、単純に画面の広さが2倍になります。そのため、片方の画面のうちの半分を使ってワードファイルを開き、そのすぐ横に資料調べ用のサイトを開き、もう1台のディスプレイの半分を使ってマニュアルを開き、残りの部分で申し送り事項を書きつけるメモ帳を開くといった活用方法が可能になります。これは非常に便利です。

1クリックをしなくて済む

現在のパソコンは、確かに、クリック一つでさまざまな画面を呼び出すことができます。しかし日常的にパソコンを使って作業をしていると、この1クリックが非常に面倒に感じるようになってしまいます。

また、同時にさまざまなページを開けられるということは、非常にありがたいものです。「あれ、これはどっちの情報だったかな」「資料を見比べたいな」というときに、このような2画面のディスプレイが活用できると、とても効率よく作業をすることが可能です。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]