Windows8で以前の使い慣れたデスクトップ画面の出し方

  • LINEで送る

2014年の4月9日に、長く愛された「Windows XP」のサービスが終了しました。「ペケポン」などのあだ名でよく知られていたこのWindows XPを長く愛用していた人もいるのではないでしょうか。それからWindows8に移行してやがて2年の時が経とうとしています。Windows10もリリースされた現在ではありますが、それでも、「Windows8からWindows XP」の画面に戻したい」と考える人もいるのではないでしょうか。今回は、あの慣れ親しんだデスクトップ画面の出し方について見ていきましょう。

レンガ式の画面からでも、簡単に「いつものデスクトップ」に戻れる

出典:japanism.info

スマートフォンやタブレットのような印象を抱かせるスタイルの表記に変わったWindows8においても、「今までと同じようなデスクトップの画面に戻したい」と考える人は、そう少なくはありませんでした。

「いつの間にかWindows8に変わっていた」「今まで『ネットにつながないから』と思ってWindowsXPを使い続けていたが、さすがに限界を感じるようになった」という人のために、まずは「Windows8から、デスクトップ画面を呼び出す」という方法についてお話します。

この場合の「戻り方」は実はごく簡単です。画面の向かって左側の、一番下にある「デスクトップ」というアイコンをクリックするだけで、今までと同じ画面に戻ることができます。

出典:news.mynavi.jp

ちなみにこの作業は、キーボードでも可能です。「ウィンドウズマーク」を押せば、デスクトップ画面に行くことができます。もう一度同じボタンを押せば、レンガスタイルに戻ることができます。

ちなみに、「画面に『デスクトップ』の文字が出ていない」という場合は、「アプリ」を選択して、そのなかから「デスクトップ」を見つけてクリックすればOKです。

パソコンによって多少違いはあるかもしれませんが、基本的には、レンガスタイルの下にある下矢印(↓)のボタンを押すと、「アプリ」の画面が出てきます。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る