720pと1080iの違い、これってテレビの解像度?それとも鮮明度?

ゲーム機やテレビをお持ちの方は、取り扱い説明書を読んでいて気になったことはないでしょうか。720や1080iといった言葉に、見覚えはありませんか?これらは解像度であったり鮮明度であったり、さまざまな点から議論されているものであります。どちらがいいのか、悪いのか。そもそも良し悪しがあるのか、ないのか。今回は、720pと1080iについて、これらはそもそも何なのか、そして両者の違いは一体何なのかを解説していきます。テレビをお持ち方は、取扱説明書を片手にお読みください。

720pと1080iは画質の規格が違う

まずは、「720pと1080iとは何か」ということをご説明しましょう。

この、720pと1080iというのは、HDコンテンツの品質の違いを表す規格のことです。

出典:videoesom.com.br

HDコンテンツというのは、「高画質」や「高精細」という意味です。

HDはHigh Definitionの略で、従来のコンテンツ(映像)よりも高い画質の映像のことをHDコンテンツというのです。

つまり、720pと1080iというのは、従来よりも高い画質の映像について差異を示しているということです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]