【メーカー別】ビデオカメラのデータを外付けHDDに直接保存する方法

ビデオカメラで撮った動画を編集したり、誰かにあげたりする前に、一度どこかに保存したいですよね。撮影時間が長くなってくるとビデオカメラ本体の中に入れて置くのにも限界がありますし、データとして出しておけば問題なさそうな気がします。そう、例えばパソコンで良くデータ保存に使うハードディスク(HDD)。同じデータ保存ですもの、使えそう。でも、ちょっと待って。ビデオカメラとHDDを直接つなぐ前に、少し気を付けて欲しいことがあるのです。そのHDDはビデオ専用に用意したものですか?

ビデオカメラの動画、静止画の保存方法4つ

出典:www.sony.jp

ビデオカメラのデータを保存するには、いくつかの方法があります。その中でも良く使われているのは次の4つです。

1) そのままビデオカメラ本体に置く

2) HDDにコピー

3) パソコンに入れる

4) ブルーレイディスクに焼く

それぞれの方法について長短を見てみましょう。

そのままビデオカメラ本体に置く

一番手間のかからない方法です。

保存するデータはそのビデオカメラに保存できる量だけになりますから、増えてきたらデータを選んで消去する必要があります。

データを削除せずに使っていると一杯になってしまって保存できなくなります。

メモリーカードを買ってそちらに保存し、カードを増やすことで保存量を増やすことができます。

ビデオカメラから外付けHDDにダイレクトコピー

ビデオカメラによってはHDDにコピーを入れられるものがあります。

撮影したデータそのままで保存するか、別の形式に変えて保存します。

HDDは専用にフォーマットして使うか、汎用で使う方法があります。

そのままの形式で保存すると、保存したビデオカメラで見たり、テレビに写したりするのが簡単です。

他の形式にすると、他の機械で再生や編集ができますが、元のビデオカメラに戻す時にはもう一度形式を戻してやる必要があります。

パソコンに入れる

パソコンで見られる形式にして、パソコン本体に保存する方法です。

パソコンでの編集、加工が簡単で、データのやり取りにかかる時間が必要ありません。
パソコンに、そのデータ形式で編集や加工ができるソフトを入れて使用する場合もあります。

保存できる量はパソコンの能力に依存します。

保存量が多くなってくるとパソコンの能力ががくっと落ちます。

ブルーレイディスクに焼く

一度ブルーレイレコーダーに入れて、ディスクに焼く方法です。

保存形式を変えて一般的な形式にすれば他の機械でもビデオが見られますし、他の人に配るのも容易です。

ビデオカメラで撮影した動画はデータが大きいのでDVDやCDではなくBDに焼きましょう。

ビデオが増えて来るとディスクがたくさん必要になって来ます。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]