ティッシュで掃除機のフィルター掃除を軽減する?どんな掃除機があるの?

  • LINEで送る

家電量販店を覗いてみると、さまざまな掃除機が販売されています。 最近主流のサイクロン式や、紙パック式、ハンディタイプなど用途に合わせて使い分けている人も多いです。 特にサイクロン掃除機は、その中でもいくつか種類があり、遠心分離をしないものにはティッシュを巻き付けて使うタイプのものがあります。 ティッシュを巻き付けて掃除をすることで、フィルターにつくホコリやゴミの量を減らすことができ、お手入れが簡単になります。

サイクロン式掃除機はいくつか種類がある!

サイクロン式掃除機は、一般的に遠心分離によってゴミと空気を分けて排出するものをイメージする人が多いです。

しかし、サイクロン式掃除機は5万円以上の高価なものから1万円以下で購入することができる激安のものまでさまざまなものがあります。

これらの違いは、同じサイクロンでもゴミを吸い込む方法が異なることが理由です。

フィルターレスサイクロン

出典:www.sharp.co.jp

サイクロン式掃除機を世に送り出したイギリスのメーカー、ダイソンの掃除機などに採用されているのが「フィルターレスサイクロン」です。

これは、サイクロンによって発生する遠心分離のみで空気とゴミを分けることができるタイプです。

大きさに違いがあるサイクロンを複数搭載している「多段サイクロン方式」で、強力な遠心力を発生させてゴミを吸引します。

微細なホコリやゴミまで遠心分離によって除去することができるので、ダストカップにつけるフィルターが必要ありません。

フィルターのお手入れがいらず、吸引力も落ちにくいです。

日本では東芝や三菱がこのフィルターレスサイクロンを採用しています。

ハイブリッドサイクロン

出典:panasonic.jp

サイクロンで遠心分離を行うことは変わりませんが取り除くことができなかった微細なゴミについてはダストカップに取り付けられているフィルターで除去するという方法です。

そのため、使っているうちにフィルターが汚れることで吸引力が低下します。

定期的なお手入れやフィルターの交換が必要となります。

また、ハイブリッドサイクロンのなかには掃除が終わった際にフィルターについたゴミを叩き落とす「自動クリーニング機能」が搭載されているものもあります。

日本では、パナソニックやシャープが主力商品として販売しています。

ティッシュ式サイクロン掃除機

出典:livedoor.blogimg.jp

ヘッド部分から吸い込んだホコリやゴミを、ダストボックス内で回転させることで、フィルター全体にホコリがつかないよう圧縮する方式です。

本格的なサイクロン掃除機とは構造が異なりますが、紙パックを使わずにダストカップにゴミを集める方法を採用しています。

これは、日立が主力商品として販売しており、なんといっても掃除機のなかでも比較的安価で購入することができることが魅力です。

ダストボックスのフィルター部分にティッシュペーパーを被せることで、フィルターに直接ゴミがつくのを防ぐタイプのものもあります。

吸引仕事率が少々低下するというデメリットもありますが、紙パックを購入する手間がなく、溜まったホコリはティッシュごとゴミ箱に捨てるだけなので、お手入れが簡単です。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る