Macのネットワークユーティリティの使い方を実例の紹介とともに解説

ネットワークユーティリティとはMacに付属されている機能で、自身のPCのネットワーク関連情報を確認できます。たとえば自分のPCのIPアドレスを確認したい時などはネットワークユーティリティを開いて確認します。ネットワークユーティリティは一つのアプリとして扱われ、ネットワークユーティリティのアプリを開くことで様々なネットワーク関連の情報を確認できます。本稿はMacのネットワークユーティリティの主な使い方について解説します。

ネットワークユーティリティで確認できる情報

出典:support.apple.com

ネットワークユーティリティを開くことによって確認できる情報は以下になります。比較的高度な操作に伴う情報が多いためPC初心者には馴染の無い用語が多いと思います。わからない項目は闇雲に操作しないほうがいいでしょう。

・Apple Talkのルーティングテーブル、および統計情報の表示
・DNSサーバーのテスト
・ネットワーク接続状況の確認
・ドメイン情報、ユーザー情報の確認、調査
・別のコンピューターと接続した場合、その接続状況の確認
・1秒間単位でのパケットの受信、送信、エラーの表示
・IDアドレスとリンク速度の表示
・Pingコマンドの送信
・Portsscanの検索

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]