パナソニックの空気清浄機は高度な自律機能を駆使して部屋を清潔に保ちます!

  • LINEで送る

知らない人はいない、日本の家電メーカーで大手のパナソニック。創業者の松下幸之助の経営哲学や生き方を記した「道をひらく」という書籍は、手に取って読んでみた方も多いのではないでしょうか。 その精神を脈々と受け継いで成長した現在のパナソニックは、開発した高度な技術を惜しみなく搭載した空気清浄機を販売しています。技術面だけでなく、空気清浄機を使う人のことを考えた色合いにしたり、手入れをする人が簡単にできるような設計にしていたりと、配慮に抜かりがありません!そんな使用者にやさしいパナソニックの空気清浄機を紹介します。

5つのセンサーが快適な空間を実現

出典:panasonic.jp

高感度ハウスダストセンサーが0.3μmの粒子も感知

業界初の、花粉やPM2.5の粒子よりも小さい0.3μmの粒子までしっかりと感知するセンサー、「高感度ハウスダストセンサー」によって、どんな汚れやアレルギー物質、有害物質も見逃さずに除去します。

ひとセンサーによって先回り集塵

人の出入りがあると、空気中に漂う花粉や床に積もるホコリは広範囲に舞い上がってしまいます。しかし、パナソニック独自の「ひとセンサー」が人の動きを感知し、花粉やホコリが舞い上がって飛び散る前に集塵を開始するため、アレルギーで花粉やハウスダストに悩む方にとても嬉しい、快適な空間を提供します。

湿度センサーが自動的に快適湿度を調整

乾燥が気になる冬には「高め」の湿度設定を選ぶといったように、「高め」・「標準」・「控えめ」の3段階の設定湿度が選択でき、センサーが自動で現在の湿度を判断して、設定湿度まで整えてくれます。

ニオイセンサーで気になる臭いも除去

花粉やアレルギー物質の除去だけでなく、部屋で快適に過ごすためには部屋の臭いも放置はできません。ニオイセンサーは、ペット臭や体臭、アンモニア臭、生ゴミ臭、料理臭、煙草の臭い等、生活で発生するあらゆる臭いを感知し、発生すると直ちに空気清浄機で吸引して除去します。

照度センサーが運転音を抑制

部屋の明るさは照度センサーがしっかりチェックしています。就寝時等、運転音が気になる状況であっても、照度センサーが部屋の明るさを自動的に感知し、運転音を抑制してくれます。

PM2.5解析プログラムも搭載!

花粉よりも微細な粒子として知られるPM2.5についても、解析プログラムが濃度を判定し、自動的に風量や気流を調整して吸引を開始します。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る