コンデンサ交換ノウハウ!はじめてスピーカーコンデンサを交換する方へ!

  • LINEで送る

オーディオのチューンナップをあれこれ考えるのは、自作好きオーディオマニアならではの楽しみ方。どうすれば手持ちのオーディオで自分好みの音を出せるのか?私たちオーディオマニアは日夜研究を続けていますよね!そしてある程度改造が進むと気になるのが、音域調整のための「コンデンサ」の交換です。「コンデンサ」自体は単価の安いパーツですし、トライしたいと思いつつ、まだそこまで手を出していない、という人も多いのでは?気になる「コンデンサ」についてちょっと掘り下げて調べてみました。ぜひお読みくださいね!

そもそもコンデンサの役割はなんだろう?

出典:pixabay.com

「っていうか、コンデンサってなに?何の役に立ってんの?」という方、実はコンデンサって普段見えないところにあるけれど、相当頼れるパーツなんです!

オーディオだけではなく、パソコンやラジオ他電子回路には欠かせない重要部品なのです。

コンデンサには大きく分けると、

・電源供給
・音声調節

この二つの役割があります。それではそれぞれの役割をもう少し詳しく見てみましょう。

電源供給元としての機能

電気を一時的に蓄電する簡易充電池としての役割があるのです。これを「容量」といいます。

たとえば、電源ユニットのトラブルで出力が落ちた場合に出力低下を防いでくれたりもします。オーディオスピーカーシステム以外にも、パソコンのマザーボード上のコンデンサの役割はこれですね。

音声調節としての機能

オーディオに関していえば、コンデンサはアンプ(増幅器)の上で低音をカットして高音だけ通すように機能します。

そして特にオーディオ専用に開発されたコンデンサは、全帯域でのクリアな音作りができるよう工夫されています。

また、コンデンサの種類は現在もっとも一般的な「ポリエステル(マイラとも呼びます)・フィルムコンデンサのほか、多岐に渡りそれぞれの種類も膨大なもの。初心者には選ぶのが大変!に思えますが、だからこそ心ゆくまでマニアックになれるのですね。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る