スマホは防水加工できる!大切なスマホを「水」から守ろう

スマホにとって大きな敵とは何でしょうか?それは「水」です。最近でこそAndroidスマホの多くは防水仕様になっています。しかし以前として日本人にとってのスマホの代名詞「iPhone」は防水仕様になっていません。うっかり手をすべらせてスマホを水没させてしまうと、大切なスマホとともにデータも失われてしまいます。水没とまでいかなくても、生活の中で水に注意しなければならないシーンは多々あります。防水仕様ではないスマホをなんとか「大敵」から守る術はないのでしょうか?今回はスマホの防水加工について解説いたします。

なぜスマホは水に弱いのか?

スマホをよく見てみると、たくさんの隙間や穴が開いていることに気づきます。例えば、イヤホン端子、充電用端子、マイク、スピーカー、電源ボタンの隙間、などです。iPhoneであれば、さらにホームボタンの隙間があります。

出典:i.gzn.jp

内部の基盤が弱点

スマホが水没したり、水がかかったりすると隙間や穴から水が内部に侵入します。水が多少侵入しても何も問題が起こらないケースもありますが、水が原因でショートしてしまいスマホが使用不能になるケースがあります。

特にスマホ内部の基盤などは水に濡れること自体、それほど大きな問題にならないですが、基盤が濡れた状態のまま電源を入れてしまうと、ショートしてしまいます。したがってスマホが濡れて画面が表示されなくなっても、すぐに使用不能とあきらめてしまうのではなく、完全に内部の水を抜き、時間を置いて水分が乾ききってから電源を入れてみることです。もし電源が入れば引き続き使用することができます。

出典:i.gzn.jp

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]