柔軟剤を洗濯機に入れる正しいタイミングは?意外と知らない3つのNG例

  • LINEで送る

洗濯物をフワフワにしてくれる柔軟剤。男女問わず多くの人が使っているようです。しかし、この柔軟剤の正しい使い方を知らない方は実は結構いるのです。柔軟剤を誤って使うとニオイがしないばかりか、ゴワゴワした仕上がりになってしまうこともあります。正しい柔軟剤の使用法を学びましょう。

そもそも柔軟剤ってどんな効果があるの?

出典:www.kilat.jp

柔軟剤の歴史は案外古く、1962年に「花王ソフター」が発売されたのがはじまりです。

当初はどのメーカーも、柔らか仕上げと静電気防止を売り文句に掲げたものが普通でしたが、1970年代後半に入ると香り成分を配合した商品も発売され始めました。近年、海外製の強い香りのものが輸入されブームになったのをきっかけに、国内メーカーも追従する形でさまざまなニオイの柔軟剤を販売しているのが現在の市場です。

しかし、柔軟剤のニオイは慣れたユーザーは、ドンドンと強いニオイを欲するようになり、果てはアレルギー症を起こす人が出るようになったのも事実。他人や隣人を不快にさせることもあるので注意したいという警告もあります。何事もほどほどにしなければならないということを考えながら、柔らかさと、ほのかな香りを楽しむのがよさそうです。

柔軟剤の6大効果

・衣類をふんわりと柔らかくする
・よい香りをつける
・汗やタバコなどのニオイを防臭・消臭
・静電気の防止
・洗濯じわの軽減
・菌の増殖を抑える

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る