糸くずフィルターは洗濯機の必需品!大事な洋服をしっかり洗おう

いまや、ほとんどの洗濯機についている糸くずフィルター(糸くずネット、ごみ取りフィルター)。洗濯物に糸くずやゴミがつかないようにするための必需品ともいえる、どのような仕組みで本当にゴミが取れるのでしょうか? 検証してみました。

糸くずフィルターの歴史!

出典:image.rakuten.co.jp

主婦の意見から始まった

糸くずフィルターは、実際に家事をしている主婦の知恵から生まれました。「洗濯をしていると、どうしても衣類に糸くずがついてしまって、洗濯してもイマイチきれいになった気がしない」「どうしたら、いいのだろう?」「そうだ、洗濯中の水流を利用して糸くずを網ですくい取ってしまえばいいのだ!」。そのような意見を聞き発明された浮き型タイプのくず取りネットでしたが、冷蔵庫のメーカーからは最初無視されました。

大ヒット商品「クリーニングぺット」の誕生

しかし、くず取りネットは便利グッズ「クリーニングペット」として発売され、大ヒットしました。年間400万個、トータルで6,000万個も売れたのですから、ただ事ではないです。その後、どこのメーカーの洗濯機にもくず取りネットは取り入れられ、今や必需品となっています。さらにメーカーでの改良を繰り返し、より水流を効率的に利用して糸くずやごみを集めるくず取りフィルターへと進化していったのです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]