デジタルカメラの基本のクリーニング方法|大きな汚れから小さな汚れへと掃除するべし

  • LINEで送る
       

精密なセンサー部分のクリーニング

デジタルカメラの基本のクリーニングに慣れてきたら、気になるのがCCDセンサー面です。非常に精密でデリケートな部分だけに、自分でクリーニングする自信がない場合は触れないほうが無難です。どうしても気になる場合は、メーカーのクリーニングセンターに依頼しましょう。

しかし、汚れがつきやすい場所での撮影が多く、毎回依頼するのは大変な場合は、手軽にセンサー面をクリーニングできるグッズも販売されています。

<ペンタックス>イメージセンサークリーニングキット

出典:www.e-trend.co.jp

樹脂のスティックの先に粘着性のあるウレタンゴムが、センサーに付着したゴミをや汚れをとってくれます。センサー面にペタペタとウレタンゴムを押し当てるだけなので、取り扱いも簡単です。カメラのレンズにも同じ要領でクリーニングできるので、汚れがつきやすいアウトドアでの撮影時に携帯しておくのも便利です。

基本的に、ペンタックス製品専用となっていますが他のメーカーにも自己責任で使用できます。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る