デジタルカメラの基本のクリーニング方法|大きな汚れから小さな汚れへと掃除するべし

日頃使っているデジタルカメラのクリーニングはどうしていますか?本格的なデジタルカメラを使っている人ならば、お手入れも万全かもしれません。ライトユーザーほど、デジタルカメラのお手入れがおろそかになりがちです。今回は、ライトユーザーでも簡単にできる便利なグッズを使ったデジタルカメラのクリーニング方法をご紹介します。

デジタルカメラの汚れ

出典:livedoor.blogimg.jp

デジタルカメラも使用すればするほど、汚れがついてしまいます。液晶画面やカメラのレンズのほこりやチリ以外にもデジタルカメラの汚れる原因があります。高価な一眼レフの場合はもちろん、防じん・防滴・防水機能がないコンパクトデジタルカメラは注意が必要です。

デジタルカメラの汚れの原因

・ほこり、チリ
・砂
・指紋などの皮脂汚れ
・水、水滴

屋外での撮影では、ほこりやチリ汚れが避けられません。また、レンズに指が触れると皮脂汚れの原因になります。

そして、屋外だけでなく室内でも注意したいのが、水滴によるレンズ汚れです。急激な温度差や湿度差があると、レンズに露付きという現象が起こります。温かい料理を撮影する時にも起こることがあります。レンズに水滴がついた状態で放置すると汚れだけでなく、カビの原因にもなるので注意しましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]