4画面デスクトップと4K1画面、どっちが便利か徹底比較してみた

  • LINEで送る

作業効率

出典:shop.tsukumo.co.jp

2K4画面

●アプリやウィンドウなどを1画面ずつ割り当てることができ、見やすく管理しやすい
●作業画面の広さを求められるアプリは、1画面あたりのサイズと解像度が低いため使いづらい
●アプリや作業を複数同時に行わない場合、マルチディスプレイの恩恵が無い

4K1画面

●デスクトップが広いので複数のアプリを同時に表示できるが、ウィンドウの大きさや配置などが散らかりがちになる
●作業画面の広さを求められるアプリがとても使いやすい
●アプリや作業を複数同時に行わない場合、画面全体を使うことによって4Kの恩恵を得られる(かもしれない)

ウィンドウを複数同時に表示することが多い方は、大きさや配置などの微調整が必要となる4K1画面よりも、各画面で「最大化」ボタンを押せば一発で大きさと位置が固定されるマルチディスプレイの方が便利だといえるでしょう。

4K1画面だと「最大表示」ボタンをほとんど使えなくなると思うので、面倒だと感じるかもしれません。代わりにWindowsキー+左右カーソルキーでの「半画面表示」などのショートカットが捗りそうですが、応用が効かないのがデメリットであるといえるでしょう。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る