デスクトップパソコンとプロジェクターが繋がらない?そんな時は焦らず対処しよう!

会社の会議やプレゼンなど、ビジネスシーンにおいてデスクトップパソコンの画像をプロジェクターで大画面投影したい時ってありますよね。そしてそれにはあらかじめ準備が必要です。でもパソコンの画面をプロジェクターに映す方法が分からない人もいるかと思います。そこで今回は、デスクトップPCをプロジェクターで映す方法を簡単にまとめてみましたので、プレゼンなどでプロジェクターを使ってみたい人などは参考にしてみてください。

まずはパソコンとプロジェクターを繋ごう!

出典:ascii.jp

デスクトップPCの画面をプロジェクターで映すには、パソコンの映像をプロジェクターに送る必要があります。と言っても特に特別なことは無く、パソコンで通常のモニターと接続するのと同じだと考えてくれていいです。

まずパソコンが対応している出力端子と、プロジェクターが対応している入力端子を確認してください。

だいたいの場合、VGA端子(ミニD-Sub15pin)・DVI端子・HDMI端子・DisplayPortの内の複数を搭載していると思います。中にはコンポーネント端子やD端子などを搭載している機種もあるかもしれません。

出典:pc.nikkeibp.co.jp

例えばパソコンとプロジェクターとで両方ともHDMIに対応していたら、HDMIケーブルを用意してパソコンとプロジェクターをそのケーブルで繋ぎます。

普通はパソコンもプロジェクターも複数の端子に対応していますので、できればパソコンはモニターと繋いだままで、モニターに使っているものとは別の端子でプロジェクターに繋ぎたいです。その方がパソコン画面とプロジェクターを分けて使用できるので便利です。

例として、パソコンとモニターはHDMIで繋ぎ、パソコンとプロジェクターはVGAで繋ぐなどです。ただどうしてもモニターとの同時接続ができない場合は、とりあえずプロジェクターだけを繋いでください。その場合、プロジェクター画面でパソコンの各種操作を全て行うことになります。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]