デスクトップパソコンでマイクを使おう!マイク入力端子が使えない場合は◯◯で対処!

普通のデスクトップパソコンにはまず間違い無くマイクの入力端子が用意されているものですが、ごく稀にマイク入力が無かったり、そもそも自作などでサウンドデバイス自体が無かったりする場合があります。また、端子自体が壊れてしまってマイク入力ができない場合もあるでしょう。その様な場合にもデスクトップパソコンでマイク入力を行う方法について、本ページでは紹介したいと思います。

マイク入力端子とは?

出典:www.ys-labo.com

デスクトップパソコンには、通常マイク端子というものが必ず存在します。普通はPC本体の前面と背面の2箇所にある場合が多いですが、もし全面に無い場合でも背面に1箇所は必ずあるでしょう。

パソコンのマイク端子はカラオケなどのマイクと違って小さい端子です。見かけ上はイヤホンやヘッドホンと同じで「3.5mmミニプラグ」端子となっています。そのため、よく間違えてイヤホン端子にマイクを接続してしまい「あれ?音が入力されないぞ」となる人もいます。

そのような間違いを防ぐため、端子は色分けで区別されていることが多いですので、端子部分の色で判断しましょう。

音声入力用のマイク端子はピンク色です。一方同じ形状の端子でも音声出力用のイヤホン端子はグリーン(黄緑色)となっています。マイクは必ずピンク色の方へ繋ぐように気をつけましょう。

※なお、デスクトップPCではあまり見かけませんが、イヤホン音声の出力とマイクの入出力を同時に行うことが可能な4極ピンプラグというものもあります。ゲーム機などはこのプラグに対応している場合もありますので注意が必要です。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]