スマホカメラで綺麗にズーム撮影する方法をご紹介!

今やスマホの普及により国民の誰もがカメラマンとなりえる時代になりましたが、カメラの性能という意味においては、まだまだスマホでは不足している面があります。特にスマホカメラはズーム機能において非力であり、デジカメと比べるとズーム性能には雲泥の差があります。ではなぜスマホカメラのズームは汚くなってしまうのか。そしてスマホでズームを綺麗に撮る方法は無いのか。今回はスマホのズーム撮影に注目したいと思います。

ズームが汚くなってしまうスマホカメラ

出典:moba-navi.jp

基本的にデジカメと言うとスマホとは別物ですが、しかしデジカメ=デジタル撮影するカメラという捉え方をすれば、スマホもデジカメの一種に含まれます。対して昔のフィルムを使っていた時代のカメラは、当然デジタル撮影ではありませんからデジカメではありません。

ズームとは本来、「光学ズーム」と呼ばれるレンズやカメラの物理的な構造を利用したズームのことを指していました。フィルム時代の昔のカメラは当然として、今のデジタル一眼レフカメラやコンデジも光学ズームを搭載しています。

しかし同じデジカメの一種であると言えるスマホは、光学ズームに対応していません。これは何故かと言うと、スマホは本体がとても薄い構造をしているため、光学ズームを実装するだけの物理的スペースが無いのです。そのため、スマホはズーム機能を「デジタルズーム」という手法で克服しています。

出典:archi.fukuicompu.co.jp

しかしデジタルズームとは、レンズが取り込んだ映像を内部ソフトがデジタル的に拡大表示しているだけなんです。元の映像の情報量が増える分けではありませんので、拡大すればするだけ画像が粗くなります。つまりスマホのカメラは、光学ズームではなくデジタルズームが用いられているため、ズーム時に画像が汚くなってしまうわけです。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]