ぼやけ写真の原因はレンズの汚れ?スマホカメラの清掃方法

813

ではどうするのかと言うと、傷ついてくすんだコーティングを、自分で磨いて剥がしてしまえばいいのです。傷の付いたコーティングがあるから写真がぼやけてしまうのであって、コーティングを無くして綺麗なレンズだけの状態にすれば問題が解決するというわけですね。

ただし、コーティングというものは本来保護のためにされているものですから、コーティングを剥がしてしまったらカメラレンズ自体に傷が付き、取り返しの付かないことになってしまう恐れもあります。コーティングを除去する作業中に自分自身でレンズに傷を付ける可能性だってありますし。カメラレンズのコーティングを除去するという方法は、効果的ではありますがリスクも伴いますので、細心の注意を払った上で自己責任で行うようにしてください。

コーティングの除去方法

では劣化したコーティングを除去する方法を見て行きましょう。

コーティングの傷を解消するには、研磨剤を使用して磨きます。レンズ部分を研磨することによってコーティングを徐々に削っていこうということですね。研磨剤というと大掛かりに聞こえるかもしれませんが、実は非常に身近に代用できるものがあります。それは、「歯磨き粉」です。歯磨き粉は歯を磨く=研磨する効果を持っていますので、十分に研磨剤として利用できます。

出典:blog-imgs-34.fc2.com

用意するものは、歯磨き粉と綿棒。これだけです。スマホのレンズ部分に歯磨き粉を少量付着させ、あとは綿棒で慎重に磨いて行きます。

綿棒の代わりに柔らかい布でも可能ですが、レンズ部分が小さく凹んでいる形状の場合は布ですと拭きにくいですので、綿棒がやり易いと思います。様子を見ながら磨いて行き、レンズの曇りが取れたなと思ったら薬剤を拭い取れば、それで完了です。誤ってレンズ自体に傷を付けていない限り、コーティングが研磨されて透明で綺麗な状態になるでしょう。