タブレットの紛失には要注意!他人に渡ることで起こりうる4つのリスク

パソコンよりも軽く携帯に便利なタブレットを外出時に携帯する人が多くなってきました。ビジネスでもプライベートでも大活躍のタブレットには、重要な情報がたくさん詰まっています。最近のモデルは「軽く」、「薄い」ので大切に持ち歩いてたはずが、いつの間にか紛失してしまうケースも多発しています。今回は、タブレットを紛失してしまった際に起こりうるリスクについてご紹介します。

1 個人情報漏えいがもたらすリスク

個人情報の漏えいのニュースが後を絶たない昨今ですが、個人が所有するタブレットにも多くの個人情報が詰まっています。自分自身の情報だけでなく、住所録に登録している友人・知人の個人情報など多くの人に迷惑をかける恐れがあります。

出典:rr.img.naver.jp

紛失したタブレットから個人情報が悪徳業者の手に渡ると、二度と取り戻すことはできません。それどころか、同じような悪党業者に転売され拡散される可能性すらあります。迷惑なダイレクトメールが頻繁に送られてくるようになったり、商品の売り込みや勧誘などが多くなります。

最悪の場合は、詐欺事件に巻き込まれる可能性も考えられます。長期に渡り被害に合う恐れもあります。タブレットを紛失しただけで、多くの人に迷惑をかけてしまうことを認識しましょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]