テレビの副音声が面白い!切り替える方法と楽しみ方まとめ

録画放送を副音声に切り替える方法

出典:livedoor.blogimg.jp

放映中のテレビの音声を副音声に切り替えることはとっても簡単です。ですが、録画した放送を『音声切替』ボタンで切り替えようとしても、副音声に切り替わらないことが少なくありません。録画放送を副音声に切り替える方法と、副音声が聞こえるように録画する方法について紹介します。

音声切替で切り変わらない時は、テレビ側を操作する

まれにテレビの機械側の設定で、音声出力方式が『ビットストリーム音声』になっている場合は、リモコンで音声切替を行うことができません。テレビ側のリモコンもしくは、共通リモコンの『テレビ』ボタンを押してから、『詳細設定』→『音声』の操作を行って見て下さい。

副音声が聞こえるように録画する方法

番組録画を設定するときは、いくつかのモードから録画方法を選択します。放送局が流すデータをそのまま録画する『DRモード』(大抵のレコーダではもっとも上に表記される、一番データ量が多いため、レコーダのハード容量がすぐに少なくなってしまう)や『その他のモード』(DRモード以外のモード、情報量を削るため、少量の容量でも録画が可能。レコーダのハード容量が少ないときや多数の番組を撮りためておきたい方向け)がありますが、副音声を聞く場合は必ず『DRモード』を選択するようにしましょう。

DRモード以外で録画してしまった場合は、残念ですが副音声を楽しむことができません。次回は間違えずにDRモードで予約するようにしてくださいね。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]