その食材の保存は正しい?冷蔵庫の適正温度を知って、上手に食材を保存しよう

  • LINEで送る

買い物をした後、食材を冷蔵庫に入れて保存するはずです。お肉、お魚は冷蔵庫、野菜は野菜室、冷凍食品は冷凍庫とそれぞれの部屋に分けて保存しますよね。しかしその食材、本当にその場所で正しいのでしょうか。保存の方法を間違えば、食材が早くダメになるだけでなく美味しさも失われてしまいます。そこで今回は、冷蔵庫の適正温度を知って、上手に食材を保存する方法をご紹介いたします。冷蔵庫の機能を知って正しい使い方をすれば、食材のおいしさをそのまま保てるようになるので、是非参考にしてみてください。

冷蔵庫の適正温度は何度?

出典:shopping.c.yimg.jp

冷蔵庫には適正温度があるのをご存知ですか?購入した冷蔵庫も、そのまま使うのではなくきちんと設定する必要があります。一般的に冷蔵庫の適正温度は下記のように設定すると良いと言われています。

・冷蔵室:1℃~5℃
・冷凍室:マイナス18℃~マイナス22℃
・野菜室:3℃~7℃

もちろん、冷蔵庫によっては細かく温度設定ができるものもあれば、弱・中・強のようにアバウトな設定しかできないものもあります。アバウトな温度設定しかできない冷蔵庫であれば、中に温度計を入れて置くのも一つの方法です。

また、気温自体が低い冬には『弱』に設定し、気温が高い夏に『中』にしておくなど、季節に応じて設定を見直してみてください。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る