高価だけど欲しい!電動自転車をプレゼントしてもらえる懸賞に応募してみよう!

  • LINEで送る

出産祝いや入学祝いに……気の置けない人にお願いする

電動自転車を入手する最後の方法は、少しイレギュラーです。それが、出産祝いや入学祝いのプレゼントとしていただくというものです。もちろん、プレゼントやお祝いは、「もらう側」からねだるものではありません。

ただ、気の置けない仲間や親戚、特に親などの場合は、「使わないものを贈っても仕方ないし、欲しいものを聞いておきたい。何がほしいの?」と尋ねてきてくれることもあるでしょう。

電動自転車はとても高いものであるため、何人かでまとめてお祝いをするつもりだ、という場合限定になりますが、電動自転車がほしいと言ってみるのも一つの手でしょう。

もちろんこれは、
・自分もそれ相応のもの(特に金銭的な面で釣り合いがとれるもの)を贈っている
・極めて近しい間柄である
・もともと、「職場で贈るから、予算は○万円程度で好きな物を選んで」と言われていた
などのようなケース限定です。

出典:pixabay.com

特に何も言われていないのに、「電動自転車をプレゼントしてほしい」と言えばそれはただのわがままですし、相手との関係を崩してかねません。ただ、上記の条件を満たしていて、「何がほしいか」と聞いてくれるようならば、思い切って言ってみてもよいでしょう。

電動自転車はかなり高額なもの。
だからこそ、こちらから、しいてねだるような真似はしたくないものです。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る