電動アシスト自転車の寿命はどれくらい?長く使うためにはバッテリーが肝!

  • LINEで送る

「ラクに走れる」「足の力をサポートしてくれそう」ということで、電動アシストの自転車を買いたい、と考える人もいるのではないでしょうか。しかし、電動アシストの自転車について、「自動で動く自転車」と考えていたり、普通の自転車と同じくらいの寿命があると考えていたりする人がいるのも事実です。ここでは、「電動アシストの自転車とは何か?」「電動アシストの自転車の寿命はどれくらいなのか?」について考えていきます。

電動アシストの自転車は「全自動の自転車」ではない

最初に、「そもそも電動アシストの自転車とは何か」ということを考えていきましょう。

電動アシストの自転車とは、電動モーターがついた自転車のことです。この電動モーターの働きによって、ペダルを踏む力を軽くすることができます。

その力は、特に、つらい坂道をのぼるときに役立ちます。坂道を自転車でのぼるとき、息を切らし、たちこぎをし、必死の形相でのぼっている、という人もいるのではないでしょうか。しかしこの電動アシストの自転車は、このような苦しさからあなたを守ってくれます。

このため、体力のない人にとても愛されています。

しかし注意してほしいのは、この電動アシストの自転車は、「全自動の自転車である」ということとイコールではない、ということ。

出典:pixabay.com

あくまで「こぐ力をサポートするために電動モーターの力を借りる」というのが電動アシストの自転車の特徴です。

そのため、「足を離していても、自転車が進む」「まったくこがなくても、すいすい山道を登ることができる」などのような形で働くことはありません。

ただ、電動アシストの自転車の場合、自動二輪や原動機付自転車(いわゆる「原付」)とは違い、免許がなくても使うことができます。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る