体重計で分かる「体年齢」って?同じ体重でも体年齢が違うワケ

  • LINEで送る
       

体重は同じでも体年齢が変わる、そのワケは?

体年齢を決めるのは、「体重そのもの」ではありません。脂肪率と筋肉率、そして基礎代謝です。そのため、「BMI指数がまったく同じなのに、体年齢は違う」ということが頻繁に起こり得ます。

体重と身長の割合から求める「BMI指数」は、病気のなりにくさや寿命に影響を及ぼします。体重(キログラム)を、身長(メートル)×身長(メートル)で割って求めるこのBMI指数は、健康の指針として非常に重要な数字です。

しかしこれでは、単純に「身長と体重」を比較しているだけですから、体年齢までは測ることができません。体脂肪率が低く、骨格筋率が大きく、基礎代謝が大きければ、体重が重い場合でも、その人は「体年齢が若い」ということになります。

逆に、体重が少なくても、筋肉量が少なく、体脂肪率が大きく、基礎代謝が低ければ、「体年齢は老けている」ということになります。

出典:pixabay.com

もちろん、体年齢が計測のすべてではありません。しかし、自分の年齢よりも体年齢が上だと、ショックを受けるもの。

改善するためにはこまめな運動が求められます。食事量を減らすだけでなく、運動を生活に組み込むなどして、体年齢を若返らせるための努力をしましょう。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る