電子レンジに入れてはいけない3つのカテゴリー!卵は殻をむいてもNG!?

どこの家にでもある電子レンジ。すぐに食べ物を温めることができるのでとても便利な家電製品です。しかし、この電子レンジに入れてはいけないものもあります。うっかり入れてしまうと、電子レンジの故障を招いてしまうことも……。ここでは3つのカテゴリーに分けて、電子レンジに入れてはいけないものについてお話していきましょう。

変形を招いてしまうプラスチック製品は要注意

電子レンジのなかに電子レンジのタッパーを入れて加熱してしまい、それが原因で、タッパーがゆがんでしまった……ということはよくあります。電子レンジのトラブルのなかでも、かなり多いトラブルなのではないでしょうか。

これは、電子レンジの中が、非常に高熱になるからです。プラスチックは、それほど熱に強いものではありません。高熱で温められた庫内のなかで、歪み、ねじれ、穴があくことがあります。

ただし、プラスチックがゆがんでしまったとしても、中に入れておいた食べ物に、何らかの影響が出ることはないと考えられています。プラスチックは、高熱で加熱すると確かにゆがんだり縮んだりしますが、それが溶け出して、食品に溶け込むことはありません。

出典:pixabay.com

陶磁器に関しては、「概ね問題ない」と考える向きもあります。しかし、「絶対に大丈夫」というわけではありません。その食器が大切なものであるのなら、使わない方がよいでしょう。

ちなみに、同じように、プラスチックでできているように見える器であっても、「耐熱容器」「電子レンジでの加熱OK」と書いてあるものは、当然、加熱に耐えることができます。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]