テレビに有料長期保証をつけるべき?どちらがお得か検証します!

  • LINEで送る
       

有料長期保証はどれくらいの内容をカバーするか

出典:umi-aozora.com

たくさんテレビを見るご家庭でしたら、5年間の保証があれば充分テレビを使いつくしたということができますし、あまりテレビを見ないご家庭でしたら、10年間の保証があれば安心してテレビが寿命になるまで使うことができると言えます。

また、1回の修理は1万円~7万円(出張代や部品代も含む)くらいになることが多いことを考えると、有料長期保証の金額が7万円を超えてしまうなら、保証に加入する方が損になることが多いと言えるでしょう。

■有料長期保証の例1:ケーズデンキ

有料長期保証を実施している家電量販店の例を見てみましょう。ケーズデンキでは、有料長期保証もあるのですが、指定商品に限り無料で長期保証をつけることができるのです。しかも修理回数に制限なし。5万円以上のテレビは5年間無料保証、3万円以上のテレビは3年間無料保証が自動的に付いてきます。

ただしバックライトとTV表示パネルは消耗品扱いとなりますので、補償の対象外となります。また、車用のテレビとポータブルテレビも無料保証の対象外となります。

このように、追加料金無料で長期保証をしてくれるのは大きな魅力と言えますね。同じ値段なら、無料保証を行っているお店で購入するのが良いですね。

■有料長期保証の例2:ビックカメラ

有料で長期保証を実施しているビックカメラは、商品の種類に関係なく購入代金の5%のポイントで長期保証を受けることができます。テレビの保証期間は5年間、修理回数に制限はありません。

通常、商品購入時に付加されるポイントが5%減ってしまいますが、無料で5年間の安心を手に入れると思えばお得なのではないでしょうか。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る