上腕血圧計のカフってなに?カフを使った正しい計測方法、4つのポイント

医療機関で血圧を測るだけではなく、家で健康チェックのために血圧を測る方も増えています。とくに家で測るタイプの血圧計に多くついているのがカフ(腕帯)です。カフとは何か、そして正しい使い方の知識を増やして健康管理も正しく行いましょう。

血圧計とカフ

出典:topnews.in

血圧計の種類

●手首血圧計

手首で血圧の測定を行うもので、コンパクトで携帯にも便利なものがほとんどです。

手首血圧計を使用する時には、手首を心臓と同じ高さにして計測すると正確な数値が出やすくなります。

●上腕血圧計(巻き付け式)

上腕にカフ(腕帯)を巻き付けて血圧を測定するもので、手首血圧計と比べて正確な計測結果が得られやすいのが特長です。

測定のたびにカフ(腕帯)をまく必要がありますが、家庭で測定する血圧計では一般的であり、種類も豊富です。

●上腕血圧計(アームイン式)

医療機関で目にすることの多い血圧計で、機械の中に腕を通して血圧を計測します。

手首血圧計や上腕血圧計(巻き付け)と比較して価格が高いものが多いですが、カフ(腕帯)を都度巻く必要がなく、測定回数の多い方に向いています。

また測定数値の正確性も高いので、医師の指導で血圧を計測する場合にはアームイン式の血圧計を勧められることもあります。

カフとは

血圧計のカフは、上腕血圧計の巻き付け方式のみで使われるものです。

手首血圧計や上腕血圧計の巻き付け式はもち運びに便利なので、家以外の旅行先などで血圧を測定したい人にもオススメですし、また場所を取らないという面でも使いやすいです。

アームイン式は場所を取るものの、正確な測定値が出やすい特徴があるため、場所がある人はアームイン式がお勧めですが、ここではもっとも一般的で購入者の多い上腕血圧計の巻き付け式についてみていきます。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]