ビデオカメラの録画時間をSDカードの容量で比較してみよう!

ビデオカメラで子供のイベントなどを撮影する際、何時間くらい録画できるのか心配ということもありますよね。内臓メモリでは頼りないけど、SDカードを使うにも何時間分なのかよくわからない。そこで、SDカードの容量と録画時間の関係などを見ていきましょう。

SDカードの性能と見るべきポイント

出典:www.rescue-center.jp

SDカードと一口に言っても、店頭で商品を見るとたくさんの種類がありますよね。

数字や英語がたくさん書いてあって、どこを見ていいのかよくわからないということもあります。

SDカードの性能はどこを見ればいいのでしょう?

SDカードの規格と容量

SDカードの規格には、現状で3つの種類があります。
規格に即して容量の上限が決まっています。

・SD・・・2GBまで

・SDHC・・・4~32GBまで

・SDXC・・・64~128GBまで

規格は「SD」「SDHC」「SDXC」の3種類で、機器によって使えるSDカードが異なるため、SDカードと使用機器の両方の対応マークを確認しましょう。

対応インターフェース

・UHS-○
UHSインターフェースを搭載した機器で使用する際のスピードクラス。I、IIなどがあり、数字が増えるに従って高性能になります。

そのほかに英語の「U」の中に数字が書いているようなマークがありますが、その中の数字はどのレベルのUHSインターフェースに対応しているかを表しています。

UHSとは「Ultra High Speed」の略です。

・CLASS○
UHSインターフェースを搭載しない機器で使用する場合のスピードクラスと速度。

速度には2、4、6、10の4種類があり、10が最も転送速度が速く、2が最も遅いということになります。スピードクラスとは、データの読み書き速度の規格のことです。

同規格の場合、基本的に数字が大きい方が優秀ということになり、数字が小さいと映像がなめらかでなくカクカクした印象になることもあります。

データ転送の性能はUHSインターフェイスの方がCLASS10よりも優れています。

転送速度

・READ○○MB/s
SDカードから1秒間に読み出せる最大MB数

・WRITE○○MB/s
SDカードに1秒間に書きこめる最大MB数

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]