タブレットにおける4つの日本語入力方法|それぞれの特徴とおすすめサービス

  • LINEで送る
       

4, タブレット入力方法 – 音声入力

出典:www.sony.jp

キーボード以外の入力方法として音声入力もできる機種はたくさんあります。いくつかの決まり事を覚える必要があるので、最初はやや手間がかかると感じますが、タイプする必要がないので、使い慣れてしまうと便利です。使いこむことで精度が上がって行きます。

なお、それぞれの設定は機種やOSのバージョンで変わります

■Googleの音声入力 – OK, Google!

Androidのタブレットには標準でGoogleの音声入力が使えます。検索やテキスト作成などやってみるとこんなことまで、というほど使えます。割と長文が一気に入力できるので、文書作成に便利です。

■iPadの音声入力 – Hey, Siri!

iPadではHey, SiriをONにしておくことで使えるようになります。音声入力だけでも良いのですが、Hey, Siri機能を使うことで会話も楽しめますのでお試しください。

■Windows音声認識

ウィンドウズ7以降で使用できます。タブレットの操作も音声でできますし、テキストを書きとらせることもできます。キーボードからの入力はGoogle日本語入力が使いやすいのですが、音声入力ではWindows付属のこのソフトの方が上かも知れません。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/using-speech-recognition

■Dictanote – Speech Recognizer / グーグルクロムの音声入力アプリ(無料)

音声入力で文章作成ができます。いくつもの言語に対応しています。タブレットの操作はできません。

https://chrome.google.com/webstore/detail/dictanote-speech-recogniz/aomjekmpappghadlogpigifkghlmebjk


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る