タブレットにおける4つの日本語入力方法|それぞれの特徴とおすすめサービス

  • LINEで送る
       

3, タブレット入力方法 – キーボード

出典:ascii.jp

タブレットにはキーボードとセット販売されていて、外せるものもあります。また、キーボードは付属していないけれど使えるタイプがあります。持って歩けてどこででも手軽に使えるのがタブレットの良い点ですが、日本語入力にはキーボードが欲しい時もあります。

では、後付けのキーボードにはどんなものがあるでしょうか。

■ロジクール『Bluetoothマルチデバイスキーボード』K480

出典:o.aolcdn.com

キーボードに溝が付いていて、タブレットやスマートフォンを立てて使えるタイプです。マルチデバイスというのは、一つのキーボードで三つまで、デバイスを同時に使うことができるからです。キーボードの端についたダイヤルでどのデバイスを使うか、その場その場で切り替えながら使うことができます。

キーボードの上にスマートフォンとタブレットを並べておいて、デスクトップパソコンと三台の機器を切り替えながら、一つのキーボードで入力をして行く、という使い方ができます。

調べたり予約したりを同時に別々の端末で操作する時などに実力を発揮しそうです。

■F.G.S製Bluetooth Keyboard for iPad -mini

出典:tabkul.com

iPad-Mini用のタブレットをノートPC化するアイテムですが、サイズが合えば他のタブレットにも使えます。大きさはノートPCのキーボードくらいです。溝と支えでしっかり押さえますので、本当にノートPCのようです。

■ThinkPad Tablet

出典:ascii.jp

ThinkPad TabletとBluetoothキーボードとのセットです。タブレットはそれだけで使うこともできますし、キーボードと一緒に使うこともできます。

タブレットは縦型でも使えるのでwebページを見る時にも便利です。キーボードを付けるとほぼノートPCとして使えますので、日本語入力も問題ありません。



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る