ビデオカメラのシャッタースピードが変えられない!原因はフレームレートとの関係

  • LINEで送る
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ビデオカメラで動画を撮影する時は、シャッタースピードの設定に制限がかかります。デジタルカメラではそんなことはないのに、なぜビデオカメラだと制限がかかってしまうのでしょうか?それには、シャッタースピードとフレームレートの意外な関係が隠されていたのです!その意外な関係とはどんなものなのでしょうか?詳しく解説していきます。

シャッタースピードって?

出典:photo.euonymus.info

まず、シャッタースピードとはカメラのシャッターが開いている時間のことを指します。シャッターを開けている間、カメラのセンサーには光が当たります。シャッタースピードは速くするとセンサーに光が当たる時間は短くなり、遅くすると光が当たる時間が長くなります。

つまり、上記の写真においては、左の写真がシャッタースピードが速い状態を指し、右の状態がシャッタースピードが遅い状態を指します。光が当たる時間が長いと、移動するものは軌跡を描き幻想的な写真になります。

出典:panasonic.biz

このように、シャッタースピードが速いと瞬間を切り取る写真がうまく撮影できます。このように、被写体に合わせてシャッターの速度を調整することで思い通りの写真を撮影することができます。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る