除湿機の種類は大きく分けて3つ!デシカント式のメリットとデメリット

  • LINEで送る

梅雨時に大活躍する、除湿機。適度な湿度は、健康や美容に適していますが、部屋の湿度が高すぎると、じめっとして不快感を感じますし、部屋にカビが発生してしまったりと色々問題が起こってきますよね。でも、除湿機って種類が多くて何を選んだらいいのかわからない!というあなたに、今回はデシカント式の除湿機についてご紹介します。これから除湿機をご購入予定の方、また、除湿機の方式の違いについて知りたい方はぜひご参考くださいね。

除湿機の種類は3種類

除湿機には、コンプレッサー式、デシカント式(ゼオライト式)、ハイブリッド式の3種類があります。

大まかに分類すると、コンプレッサー式は夏、デシカント式は冬、ハイブリッド式は一年中使えるような想定で分けられています。

まず、デシカント式以外の除湿機の特徴についてまとめました。

出典:www.daikin.co.jp

コンプレッサー式

空気を冷やして強制的に結露を発生させて除湿する方式のこと。

空気を冷やすので、夏のように気温も湿度も高い状況で大活躍します。

逆に、冬のように気温が低く湿度も低い状況では結露が発生させにくいので、除湿効果がかなり低くなってしまいます。

コンプレッサー式の欠点は、運転音が大きいことと、重量が重いこと。
部屋間を移動させたり、寝室や書斎などで利用するのは控えた方が良いでしょう。

出典:panasonic.co.jp

ハイブリッド式

コンプレッサー式とデシカント式、双方の機能を搭載した除湿機のこと。

夏など湿度・温度が高い時期にはコンプレッサー式で駆動し、冬など湿度・温度が低い時期にはデシカント式で駆動するので非常に効率的といえるでしょう。

やや本体価格が高価になりますが、一年中除湿機を利用したい方には、おすすめです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る