タブレットを車載ナビに!取り付けやアプリはどうする?

  • LINEで送る

タブレットについているGPSとマップを組み合わせて車載ナビとして使いたい…..そう考えている人は多いのではないでしょうか。今使っているナビの地図が古くなって来た人は、すでに助手席でスマートフォンを持った人がナビをしているかも知れませんね。あるいは新しくタブレットを購入したので使い道を広げたい人もいるかも知れません。ここでは、タブレットやスマートフォンに車載ナビの役目をさせる場合に使える地図やホルダー、画面サイズはどのくらいが良いかといったことについて見ていきます。

おすすめ地図アプリ

出典:kura2.photozou.jp

スマホやタブレットで使えるカーナビアプリをおすすめ順にご紹介します。

Yahoo!カーナビ

出典:a3.mzstatic.com

カーナビ用の無料アプリで、公開から10日で50万ダウンロードを記録したアプリです。

<メリット>
・無料だけど常に最新
・文字が大きくて見やすい。
・VICS(道路交通情報通信システムセンター)からのデータを使用しているので、大きい道路の渋滞情報が出る。
・細かい設定ができる。ジャンル別や住所からの検索もできる。
・「おすすめ」「高速優先」「一般優先」の3ルートが表示される。
・ガソリン価格やJAF優待情報なども分かる。
・交通事故の多い場所が表示される。
<デメリット>
・インストールが必要。
・VICSのデータがない細い道や田舎の渋滞情報は出ない。

Google Maps

出典:enjoy.sso.biglobe.ne.jp

Android端末に無料で標準装備されている地図アプリです。最初は使い勝手が悪いと感じる人もいるようですが、慣れれば中々すぐれものです。

<メリット>
・無料で常に最新。
・音声ガイドが付くので操作中に頻繁に見なくて良い。
・渋滞情報はリアルタイムで入る。
・タップするだけで現在地からそこまでのルートが表示される。
・見た目がシンプルで使いやすい。
・目的地までの時間などが表示される。
・実際の地形に近い表示で分かりやすい。
・気象レーダーの状況も表示できる。
<デメリット>
・裏道や細い道などの車向きではないガイドが入る。
・カーナビ専用ではないため徒歩や電車の案内が優先されることがある。

カーナビタイム

NAVITIMEのカーナビ版で、アプリは無料ですが使うために月額使用料が必要です。

<メリット>
・オフライン(圏外)でも使える。
・天気の状況も表示してくれる。
・超回避ルートがあるので「料金がかかっても早いほう」という検索ができる。
<デメリット>
・アプリのサイズが大きい。毎月500円の使用料がかかる。

ターン・バイ・ターン・ナビ

iOSに標準で装備されている「マップ」のカーナビ機能です。

<メリット>
・音声ガイドが入っている。
・地図の表示がとにかくきれい。
・細かい道路まで入っているので拡大すれば出て来る。
<デメリット>
・地図の更新が遅い
・高速道路を候補から外せない。

MAPLUS+

声優が道案内してくれる徒歩案内&カーナビ用アプリです。無料版と有料版があり声優データは追加で購入します。

<メリット>
・あしあとログが付いている。
・着せ替えができる。
・オフラインでも使える。
・好きな声優に道案内してもらえる。
<デメリット>
・キャラのイラストを他人に見られると反応が不安

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る