あなたのヘッドホンプラグは3極?4極?故障を防ぐために知っておきたい規格の違いについて

691

単純にはモノラル信号用の2極、ステレオ信号用の3極、ステレオ信号に加え、リモコンやマイク、映像など付属信号を流す4極、ステレオ信号とノイズキャンセリングマイク用のステレオ信号を流す5極です。

その見分け方ですが、プラグの金属端子に絶縁のための線を入れる事で、極を分けています。絶縁の線が一本入っていれば、そこで極を分けられているので2極、という具合で、2本線なら3極、3本線なら4極です。

極の数に応じた用途

出典:upload.wikimedia.org

ヘッドホンやステレオタイプのイヤホンは、基本的に2極プラグでは仮に左右両方に音が入ってもステレオにはならないので、3極以上のプラグを使います。

単純に音を聴くだけなら3極プラグで良いのですが、スマートフォンや携帯オーディオプレイヤーの場合はヘッドホンやイヤホンにリモコン機能を持たせているので、その機能を使いたければ4極プラグが必要です。

また、ビデオチャットなどでマイク機能を使う場合にも4極プラグが必要になります。

規格違いで使えない機器もある4極

出典:blog-imgs-36.fc2.com

さらに4極プラグは規格が統一されておらず、「CTIA規格」と、ほとんどどこのメーカーも使っていない「OMTP規格」が時々混在しているという、非常にややこしい話になっているのです。

昔ならビデオテープの「VHS」と「ベータ」のような関係ですが、ヘッドホン用プラグは見た目もサイズも変わらないので、もっと面倒な話になります。同じ見た目でも音声に関わるGND極と、マイクやリモコンの信号を流す極が逆なので、互換性が無いのです。