できるだけ電気代を安くしたい!電子レンジの消費電力って?

  • LINEで送る

電子レンジは、お弁当や残り物を温めたり、料理の食材の下ごしらえをしたりといった、主婦にとって欠かせない家電製品です。 しかし、毎日使っている電子レンジはどれくらい電力を消費しているかご存知ですか? 特に暖房や冷房を使っている時期でもないのに、電気代が高くついてしまう原因は、電子レンジが関係している可能性があります。 今回は、電子レンジの消費電力について、そして電気代を節約する方法について紹介いたします。

電子レンジの消費電力ってどういうもの?

出典:www.20mai.net

電子レンジを見てみると、500Wや1000Wなどのワット数が表記されています。ワット数を指定して食材を温めることもできますが、実はこの数字が消費電力というわけではないのです。

この温めの際に設定している数字は、「加熱エネルギーの強さ」を表したものです。電子レンジはマイクロ波を照射することで、庫内にある食材の水分に反応して分子を回転・振動することで加熱を行っています。500Wや1000Wという数字は、このマイクロ波の出力の強さを指示したものなのです。

この指定した電力は、マイクロ波に変化した時にどうしても電力にロスが生じています。そのため、実際は指定した数字よりも高い電力が使われているので、消費電力がきちんと管理できていないと、ブレーカーが落ちてしまったり、ショートしたりといったトラブルが起きる可能性があります。

だいたい600Wで温めを行った時の消費電力は、1100Wから1200Wと約2倍もの量になっています。つまり、電力に関しては効率が悪い電化製品であるので、電気代も多くかかってしまうのです。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]