今すぐ試せるノートパソコンの容量を増やす方法まとめ

長年同じノートパソコンを使っていると、さまざまなソフトをダウンロードしたり、音楽データや写真データが溜まっていったりして、ハードディスクがいっぱいになっていきます。 このハードディスクの容量を増やそうと、むやみにパソコン内のファイルを削除してしまうと、動作トラブルが起こる可能性があります。 そのため、今回はそういった事態にならないよう、安全にハードディスクの容量を増やす方法について紹介いたします。

不要なファイルをどんどん削除する

まずハードディスクの容量を増やすもっとも簡単な方法は、不要なデータやファイルをどんどん削除することです。

ゴミ箱にファイルが残っている場合は、こまめにゴミ箱を空にしましょう。

Tempフォルダをきれいにする

出典:news.mynavi.jp

また、Cドライブ内にある「Temp」という残存ファイルを削除することも有効です。

この「Temp」とは「Temporarily(テンポラリー)」の略であり、一時的に保存されたファイルが入っています。

このTempフォルダの中にあるデータを削除するだけでも数GBの空き容量を確保できる可能性があります。

特に、インターネットから画像などをダウンロードすることが多い人は、Tempフォルダに残存データがたくさん残っている場合があります。

このTempフォルダは以下のようなものがあります。

C:\WINDOWS\Temp

・WindowsVista以降
C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Temp

・WindowsXP以前
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Local Settings\Temp

このようなTempフォルダは、パソコンに画像やデータなどのプログラムなどをインストールした時に、圧縮されているファイルを展開する場所として使われています。

このTempフォルダ内で一度展開されてから、指定した保存先にファイルが保存される仕組みであり、いわば作業台の役割をしているのです。

なので、インストール作業が終了すれば、Tempフォルダ内のデータを削除しても問題ありません。

インターネットの一時ファイルをきれいにする

出典:www.jfkooya.com

インターネット上で画像を取り込んだり、一度開いたりしたページなどは一時ファイルに保存されています。

ですので、頻繁にインターネットを使用してさまざまページを閲覧している人は、この一時ファイルが大量に残っている可能性があります。

・Vista以降
C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files

・XP以前
C:\Documents and Settings\(ユーザー名)\Local Settings\Temporary Internet Files

フォルダオプションを使って、一括削除しましょう。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]