肩こり腰痛の解消に便利!ノートパソコンの台を自作しよう!

  • LINEで送る

あちこちに持ち運んでインターネットを使うことができるノートパソコンは、仕事や旅先で活躍する便利な家電です。 しかし、ノートパソコンは部位ごとに切り離して使えないため、操作している時の姿勢が限定されてしまいます。 それによって姿勢が崩れて、肩こりや腰痛の原因となるのです。 そうならないためにも、自分に合わせたノートパソコンの台を用意することをおすすめします。 自作すれば費用も抑えられるため、DIY感覚でお気に入りの台を作りましょう!

どうしてノートパソコンに台があった方がいいの?

普段、ダイニングテーブルなどでノートパソコンの作業をする方も多いでしょう。ノートパソコン専用の台があるとこんなメリットがあります。

姿勢を正すことができる

出典:4.bp.blogspot.com

ノートパソコンはデスクトップパソコンと違って、ディスプレイとキーボードを切り離して使うことができません。

そのため、テーブルに置いて使っているとキーボードが水平なので、どうしても肩が上がった状態で操作することになります。

また、キーボードとディスプレイがくっついていることで、画面と顔の距離が近くなっているので、目が疲れやすかったりドライアイになったりといったトラブルが起こりやすいのです。

画面の位置が低いので、首を曲げて見下ろすような姿勢で操作をしていることで、首のこりや肩こりを引き起こす可能性もあります。

このように、気づかないうちに姿勢が悪くなって、目や腰の痛み、肩や首のコリの原因となってしまいます。

ノートパソコンの構造上仕方がないことのように思えますが、無理をして使っていると体に負担がかかって作業効率低下につながります。

台があると冷却に便利!

出典:dannyoh.info

ノートパソコンはテーブルと接触する下の面に冷却用のファンがついています。

ですので、テーブルに直接置いているとこもった熱が逃げていかず、どんどんファンの回転数が上がっていきます。

パソコンは非常に熱に弱いため、こもった熱をそのままにしておくと動作が重くなったり、故障したりといったトラブルを引き起こす可能性があります。

ノートパソコンを通気性の優れた台に載せていれば、長時間使用していても熱がこもらず本体への負担が少なく済みます。

こうした点から、よりノートパソコンを快適に使うために専用の台を用意することができます。

しかし、市販のパソコン用の台は、純正品であれば最低でも5000円から数万円の製品が多いです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る