もう電池切れ?ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせる充電方法!

仕事でパソコンをしている人にとって、ノートパソコンは気軽に外に持ち運んで作業を進めることができる欠かせない家電製品ですよね。 しかし、長期間使っているとだんだんバッテリーの持ちが悪くなってきて、しょっちゅう充電をしないと電源が落ちてしまうといったトラブルが起きます。 常に充電の残量を気にしながら仕事をするのは、なかなか集中できませんよね。 今回は、ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせる充電方法を紹介いたします。

ノートパソコンのバッテリーはどんどん劣化する!

出典:

基本的にノートパソコンの寿命は2年程度が目安と考えて下さい。使用頻度が少なければ、5年以上継続して問題なく使用できる場合もあります。

通常バッテリーもパソコンと同様に劣化していきますが、大手メーカー製のノートパソコンであれば、バッテリーの劣化状況を調べることができるソフトがインストールされています。

そのため、寿命が近くなるとバッテリーの交換をうながすメッセージが表示されますが、そういったソフトがないパソコンは、自分でバッテリーの劣化具合を判断しなければなりません。

たとえば、以前は一度充電をしたら5時間は続けて作業ができていたのに、最近は充電してから1時間程度しか持たないといった場合は、明らかにバッテリーが劣化していると考えられます。また、どれだけ充電しても100%まで充電がならないという不具合もあります。

こうした事態にならないためにも、できるだけバッテリーの寿命を伸ばす充電方法を心がけましょう。

<< 次ページに続く >>


気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]