液晶テレビの画面に縦線が入るのはなんで?3つの原因とその対処法

地上デジタル放送のノイズが原因のもの

出典:userdisk.webry.biglobe.ne.jp

テレビの接触不良によるノイズ

ブロックノイズはテレビの接触不良でも起こります。

接触不良の場合は、チャンネルが特定のものの時にだけ起きたり、テレビ全体の電波レベルが変化したりします。特に古いタイプのワンタッチプラグは接触不良を起こしやすいため、長年使用しているものがある場合は交換をおすすめします。

ただのノイズによるものの場合は、縦線が入っている時に音声が途切れたり、画面全体が点滅したりといった症状が見られます。もし自宅のテレビが複数台ある場合は、全てのテレビの電源をつけた際に縦線が入る症状が同じであるかチェックしてみましょう。

アンテナの異常によるノイズ

他のテレビでも縦線が見られるようであれば、アンテナや分配器の方の異常が考えられます。縦線などの異常がない場合は、異常があるテレビの端子の接触不良が考えられるので、接続し直してみましょう。

このような対応をしても、縦線だけが入っているという症状がよくならない場合は、液晶画面そのものの異常と考えて良いでしょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]