テレビの画質に満足していますか?画質設定で自分好みの映像に!

  • LINEで送る

普段使っているテレビの映像に満足していますか? 購入した時のまま、設定を全く変えていないという人もいます。 しかし、それではテレビ本来が持っているポテンシャルを十分に発揮できていない可能性があるのです。 もう少し明るい映像や色合いがはっきりとした映像を楽しみたいと思っても、具体的にどこを操作すれば変わるのか難しいですよね。 今回は、テレビの画質調整の方法について紹介いたします。

高画質ってどういう基準?

出典:it-infoyasan.com

最近のテレビは画質自動調整機能が搭載されている製品も増え、特に知識がなくても自動的に明るさを調整してくれたり、色味を変更してくれたりという多機能が当たり前になってきました。よくテレビの宣伝文句で「高画質」という言葉を耳にしますが、人にとって高画質と感じるテレビとは一体どのようなものなのでしょうか?

まず、映像は光によって作られているため、テレビの画面の見え方はその時の周りの光の環境で違いが出てきます。そのため、購入したテレビをより高画質で楽しむためには、その環境にあった設定をする必要があるのです。

出典:encrypted-tbn0.gstatic.com

高画質とは、映像を作り出した人の意図を汲んだものをできるだけ忠実に再現している映像のことを言います。本来は全体的に白い色合いだったとしても、テレビの設定によって暗い画面になるなど、本当の映像と視聴者が見ている映像との違いが大きくなります。映像が明るすぎても白飛びをして画面がみづらいですし、逆に暗すぎると黒が潰れすぎて被写体がわかりにくいなどといった事態はできるだけ防ぎたいですよね。

映像本来の色合いを楽しむためにも、テレビ本来の能力を引き出して、できるだけ「高画質」な映像を映すことができる設定変更が必要なのです。

店頭で映像を流しているテレビは、パッと目をやった時に華やかさや明るさを出すために、全体的な色味が強い「ダイナミックモード」に設定されていることが多いです。しかし、あまりにもコントラストが強い映像は、長時間見ていると目が疲れてしまいます。明るく、華やかな映像が必ずしも高画質とは言えません。ある程度の時間、視聴を続けていても目が疲れにくい、自然に近い色合いこそが視聴者にとっての高画質と言えるのです。

↓ 次ページに続く ↓



気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る