ビデオカメラのメモリーカードを複数買いしたほうがいい4つの理由

ビデオカメラのメモリーカードは、どういう基準で選んでいますか?容量や録画時間、値段など色々な要素があると思います。しかし、ベストは適度な容量のメモリーカードを何枚も買っておくこと!そうすることでデータが消えてしまうリスクが減ったり、録画したデータの管理が楽になったり、メリットばかりです。なぜ1枚の大容量より、複数のメモリーカードを買う方がいいのか、その理由を解説します。

容量は128GBもいらない!

出典:www.gizmodo.jp

メモリーカードにどれくらいビデオカメラのデータが保存できるかご存知ですか?これを知っておくことで、なぜ大容量のメモリーカードが不要なのかが分かります、まずは、ビデオカメラのメモリーカードとして一般的なSDカードで、容量別の録画時間を紹介します。

以下の数字は、ビデオカメラでフルHDの動画を撮影した際の記録できる時間です。

32GB…約5時間12分
64GB…約10時間27分
128GB…約20時間54分

基本的に、上記の時間は録画可能だと言われています。この中で、自分の一回の録画時間を考えて見た時に、一度に20時間を撮影する人はなかなかいないと思います。そういう意味でも、128GBのメモリーカードは不要だという結論に至ります。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]