テレビを別の部屋でも楽しむ方法についてご紹介!

家にテレビが一台しかなかったり、子供がゲームをしていて見たい番組を視聴できなかったりといった悩みはありませんか? これまでテレビを各部屋で視聴するためには、アンテナ端子を別に用意する必要があり、工事の手間などがあったため、自分だけが使うことができるテレビというものがありませんでした。 しかし、近年インターネットを利用して、テレビを置いてある部屋以外でも録画した映像を楽しむことができるようになりました。 放送中の番組を転送することも可能なので、ストレスフリーでテレビを楽しむことができます。

1.RFケーブルを使う

出典:www.geocities.jp

まずもっとも低コストで別の部屋でテレビを楽しむには、RFケーブルを延長して別の部屋にあるテレビに接続するという方法があります。デコーダーのRF出力から延長したRFケーブルを床や天井を通して、2台目のテレビのRF入力端子に接続します。ケーブルさえあれば、DIYの感覚で接続することができるので、あまり手間がかからないところが魅力です。

更に、3台目や4代目を接続する場合は分配器を使って分岐をする必要があるので注意が必要です。また、接続するテレビの台数が多くなったり、デコーダーからの距離が遠くなったりするほど受診のクオリティが下がってしまうため、画質が劣ります。

今あるテレビを使って別の部屋でも楽しみたいという人は、RFケーブルを使って接続してみましょう。

<< 次ページに続く >>
気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]