洗濯機で正しくワイシャツを洗おう!シャツを白くパリッと仕上げるためのコツ

  • LINEで送る

ビジネスマンなら仕事で毎日のように使うワイシャツ。本当はクリーニングに出してパリッと仕上げたいものですが、お金がもったいないのも事実です。しかし、洗濯機で洗い乾燥すると、しわだらけになったり、縮んでしまったり、汚れがうまく取れてなかったりします。そこで家庭での、ワイシャツ洗いテクニックをお教えします。

ワイシャツを洗濯する前にやっておきたいこと

出典:image.topicks.jp

洗濯表示を確認しておく

ワイシャツが洗濯機で洗濯できるかどうかは、洗濯表示を確認しましょう。洗濯表示とは、一般消費者を保護することを目的として家庭用品品質表示法で義務付けられているもので、洗濯機のマークがあれば基本的に家庭で洗濯できます。大抵のワイシャツは、綿又は綿とポリエステルの混紡なので、問題なく洗濯機で洗えます。

高級ブランドのワイシャツや綿・ポリエステル以外の素材のワイシャツの場合は、手洗いコースで洗ってください。

洗濯の直前に浸け置きしておく

ワイシャツは1日中着ているため、エリや袖口などの肌が直接ふれる部分がよく汚れます。特に夏場は、汗をかいて皮脂汚れが付着しやすいため、普通に洗濯機で洗うだけでは汚れが残ってしまいます。そのため、襟や袖は洗濯前に前処理をします。

市販のスポット洗剤、液体洗剤をつけ5分くらい置いた後、もみ洗いもしくは歯ブラシで汚れを取ります。スポット洗剤は、つけたまま長時間放置すると、シミになったり変色したりすることがあるので、前処理は洗濯の直前に行いましょう。

ワイシャツの種類によっては色落ちすることがあるので、先に目立たない部分に塗り、変色や色落ちする場合には使用しないでください。




気になるカテゴリから人気記事をチェック!
[カメラ] [ガジェット] [キッチン] [スマホ] [パソコン] [映像・オーディオ] [生活家電] [美容・健康] [美容家電]  
  • LINEで送る